松山市を中心に愛媛県のお客様の助成金申請をサポート!愛媛雇用助成金活用センター|運営:社会保険労務士法人あいパートナーズ

愛媛雇用助成金活用センター │ 運営:愛媛県松山市の社会保険労務士法人あいパートナーズ(旧:岩本社会保険労務士事務所)

【対応地域】 愛媛県松山市、東温市、伊予市、大洲市、宇和島市、今治市、西条市、新居浜市、四国中央市

089-909-9094

電話受付時間 : 平日9:00~18:00 休業日:土日祝

愛媛県全域対応。メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

雇用維持への助成金、5年ぶり低水準 13年度、業績回復受け

 経営が悪くなっても従業員の雇用を維持する企業に払う「雇用調整助成金」の支給額が減っている。2013年度は540億円と、前の年度から52%減った。4年連続の減少で、近年では08年度に次ぐ低い水準となった。景気回復で企業の業績が持ち直しているほか、雇調金を出す要件が厳しくなったためだ。

 雇用調整助成金は景気の悪化や産業構造の変化で売り上げが減った企業が対象で、従業員を休業・出向させたり、教育訓練を受けさせたりしたときに、政府が企業の負担の一部を補助する。

 支給額は08年度は68億円だったが、リーマン・ショックの影響が本格化した09年度は企業の経営悪化に加えて、厚労省が雇調金を出す要件を緩めたことから、6535億円と100倍近くに膨らんだ。その後、支給の対象を直近の売上高が前年同期より1割以上減った企業に限定したほか、支給日数の限度を年間300日から100日に縮めるなど要件を段階的に厳しくしたうえ、景気の回復で支給額が減ってきた。

 雇調金には働く人を衰退産業にとどめる副作用もあるため、厚労省は今後も雇調金の絞り込みを続ける見通しだ。政府が昨年まとめた成長戦略は、働く人の転職を支援する労働移動支援助成金の予算が、15年度までに雇用調整助成金を上回ると明記した。
(日本経済新聞より引用)

当事務所でも「雇用調整助成金」のお手伝いをしていました。
この助成金は雇用維持を目的とした助成金で、リーマンショックの時に何万社も利用しました。
倒産しないように早めに助成金の審査をして支給しないということでかなり審査が甘かったこともあり不正受給が後を絶ちませんでした。

しかし改正により助成金の支給要件を厳しくしたため不正受給の件数は減っていきました。
不正受給は必ずばれますので絶対にしないようにしてください。

1114 Views

Facebookでコメント

無料相談受付中!
089-909-9094

今すぐ、お気軽にお電話ください。
担当者が丁寧に分かりやすく対応いたします。
【対応時間:9:00~18:00(月~金)】【休日:土日祝日】

メールでのお問い合わせはこちらをクリック

Return Top