松山市を中心に愛媛県のお客様の助成金申請をサポート!愛媛雇用助成金活用センター|運営:社会保険労務士法人あいパートナーズ

愛媛雇用助成金活用センター │ 運営:愛媛県松山市の社会保険労務士法人あいパートナーズ(旧:岩本社会保険労務士事務所)

【対応地域】 愛媛県松山市、東温市、伊予市、大洲市、宇和島市、今治市、西条市、新居浜市、四国中央市

089-909-9094

電話受付時間 : 平日9:00~18:00 休業日:土日祝

愛媛県全域対応。メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

助成金の申請をできるのは社会保険労務士だけ

助成金は申請するのは書類を用意したり添付書類を用意したりとかなり面倒な手続きが必要になります。
この面倒な手続きを誰かやってもらいたいなと思っている社長さんも多いと思います。

社会保険労務士はそんな会社の社長さんに対して助成金の申請のお手伝い(助成金の申請代行)を行っています。

この助成金の申請代行ですが、ネットを見ると行政書士などが行っていることもありますが、

助成金の申請代行をできるのは社会保険労務士だけです。

注意!
助成金の申請代行をできるのは社会保険労務士と書きましたが、これは厚生労働省管轄の助成金のみです。行政書士は、代書屋と呼ばれるだけあって書類の作成に関してはプロですが、助成金の申請代行をすることはできません。
税理士もクライアントに頼まれて助成金の申請代行をしているところもありますが、これもアウトです。

なぜ社会保険労務士だけに助成金の申請代行を認められているのかというと助成金の申請には労働関係の書類が絡んでくるからです。
社会保険労務士は主に会社に代わり労働関係や社会保険関係の書類作成を行う仕事です。助成金には申請書類の他に添付書類が必要になってきますがその書類は出勤簿(タイムカード)、賃金台帳、労働者名簿など労働に関する書類です。

このように助成金を申請するときには労働関係の添付書類のチェックをしなければならないため助成金の申請の代行手続きをできるのは社会保険労務士だけとなっています。

社会保険労務士でない者が助成金の申請代行を行った場合には社会保険労務士法により罰せられることになります。

Facebookでコメント

無料相談受付中!
089-909-9094

今すぐ、お気軽にお電話ください。
担当者が丁寧に分かりやすく対応いたします。
【対応時間:9:00~18:00(月~金)】【休日:土日祝日】

メールでのお問い合わせはこちらをクリック

Return Top