松山市を中心に愛媛県のお客様の助成金申請をサポート!愛媛雇用助成金活用センター|運営:社会保険労務士法人あいパートナーズ

愛媛雇用助成金活用センター │ 運営:愛媛県松山市の社会保険労務士法人あいパートナーズ(旧:岩本社会保険労務士事務所)

【対応地域】 愛媛県松山市、東温市、伊予市、大洲市、宇和島市、今治市、西条市、新居浜市、四国中央市

089-909-9094

電話受付時間 : 平日9:00~18:00 休業日:土日祝

愛媛県全域対応。メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

助成金の添付書類の原本証明について

助成金を申請する時には添付書類が必要になります。
添付書類の例としては労働者名簿、賃金台帳、出勤簿(タイムカード)などがあります。

添付書類をつける際にはできるだけ原本を持ってきてもらうのが一番なのですがどうしても持ってこられない場合にはコピーしたものでも構いません。

しかしそのコピーが本当に原本からコピーしたものを証明するために「原本証明」というのが必要になってきます。

なぜ原本証明が必要なのかというと提出された書類が原本からコピーされたものか事業主の側から証明して不正受給しないようにするためです。

原本証明するにはコピーした用紙の余白(なるべく表面の余白)にこのように書きます。

(例)
原本と相違ないことを証明する。
平成26年5月15日
松山伊予商事
代表取締役 岩本浩一印

これをコピーした用紙一枚一枚に書いていきます。
しかしコピーした用紙が何枚もあるととてもじゃないけど書ききれません。

そこでコピーした用紙が何枚もある場合には申立書というのを書きます。
申立書があればこれ1枚だけで済むので便利です。

この申立書は原本証明が何枚もあるのをひとまとめにした書類なのでコピーした用紙ひとつひとつに原本証明をした場合には必要がありません。

Facebookでコメント

無料相談受付中!
089-909-9094

今すぐ、お気軽にお電話ください。
担当者が丁寧に分かりやすく対応いたします。
【対応時間:9:00~18:00(月~金)】【休日:土日祝日】

メールでのお問い合わせはこちらをクリック

Return Top