松山市を中心に愛媛県のお客様の助成金申請をサポート!愛媛雇用助成金活用センター|運営:社会保険労務士法人あいパートナーズ

愛媛雇用助成金活用センター │ 運営:愛媛県松山市の社会保険労務士法人あいパートナーズ(旧:岩本社会保険労務士事務所)

【対応地域】 愛媛県松山市、東温市、伊予市、大洲市、宇和島市、今治市、西条市、新居浜市、四国中央市

089-909-9094

電話受付時間 : 平日9:00~18:00 休業日:土日祝

愛媛県全域対応。メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

添付資料の領収書で気をつけなければならないこと

助成金の中には申請書類と一緒に領収書(コピー)を添付する必要があるため領収書のコピーが必要になることがあります。

そこで領収書でこの領収書は経費として認められないということは何回もあります。そこで助成金を申請する上でここだけは押さえておいて欲しいということを書いておきます。

領収書というのは以下の4つのことが表示されています。

1日付
2金額
3買った店の名前
4但書(摘要欄)

助成金の申請に際してはこの4つがすべて書いてないと経費として認められないです。

日付が必要なのは経費として認められる期間内に物を購入していたかどうかを確認します。
日付が鮮明でなかったり、コピーをとるときに金額がかすれて見えなかったりするとハローワーク側で判別できないため経費として認められません。

また領収書の但書には要注意です。
たとえばパソコン1台、パソコンラック1台を購入して全部で20万円かかったとします。その但し書きには「パソコン他」とか書かれているとパソコンにどれだけかかったのかまたパソコンの他に何を買ったのか分かりません。

但書に書いてもらうときには何を買ったか分かるように「パソコン1台、パソコンラック1台」と書いてもらう必要があります。またそのときに買ったレシートをつけておくのも忘れないようにします。

助成金をもらいたい場合には領収書にも注意をしてください。
そうしないともらえる助成金ももらえなくなってしまいます。

メールでのお問い合わせはこちらをクリック

Facebookでコメント

無料相談受付中!
089-909-9094

今すぐ、お気軽にお電話ください。
担当者が丁寧に分かりやすく対応いたします。
【対応時間:9:00~18:00(月~金)】【休日:土日祝日】

メールでのお問い合わせはこちらをクリック

Return Top