松山市を中心に愛媛県のお客様の助成金申請をサポート!愛媛雇用助成金活用センター|運営:社会保険労務士法人あいパートナーズ

愛媛雇用助成金活用センター │ 運営:愛媛県松山市の社会保険労務士法人あいパートナーズ(旧:岩本社会保険労務士事務所)

【対応地域】 愛媛県松山市、東温市、伊予市、大洲市、宇和島市、今治市、西条市、新居浜市、四国中央市

089-909-9094

電話受付時間 : 平日9:00~18:00 休業日:土日祝

愛媛県全域対応。メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

雇用保険料を少なめに控除していた場合の処理

雇用保険料を多めに控除していた場合の処理については前回書きました。

注目!
雇用保険料を多めに控除していた場合の処理

今回は雇用保険料を少なめに控除していた場合はどうすればいいのでしょうか?

雇用保険料を少なめに控除していた場合

多めに控除していた場合には多めに控除していた分を返せばいいのですが、少なめに控除していた場合にはどこかで少ない雇用保険料を補わなければなりません。

まずやらなければならないことは足りない雇用保険料の金額を賃金台帳に表示させることです。
この場合には調整保険料などハローワークの担当者に分かるような科目で表示した方がいいでしょう。

給与計算というのは正しく計算されるのが当たり前のものです。
従業員にはそれが正しい金額として給与をもらうので、あとから間違っていたので来月の給与から勝手に控除されるのは納得がいかないと思います。

まずは給与計算が間違っていたことを説明し、それで来月の給与から足りない雇用保険料を控除しなければなりません。

給与計算は正しく計算されておかないと助成金の申請には影響を与えることになりますので、慎重に計算しておいてください。

Facebookでコメント

無料相談受付中!
089-909-9094

今すぐ、お気軽にお電話ください。
担当者が丁寧に分かりやすく対応いたします。
【対応時間:9:00~18:00(月~金)】【休日:土日祝日】

メールでのお問い合わせはこちらをクリック

Return Top